海老名皮膚科

美容皮膚科

医療レーザー脱毛

  1. 当院では、脱毛レーザー機の中で世界最速のスピードを誇るサイノシュア社製「ベクタス」を使用しています。
  2. ムダ毛の自己処理は肌を痛めるだけでなく、かえって毛が濃くなることも。 美容皮膚科の多くで利用されているのが一度にたくさんのムダ毛が処理できるレーザー脱毛です。
  3. レーザー光は黒い色素を分解する特徴があり、それを利用して毛根のメラニン色素を破壊するのがレーザー脱毛の原理です。
  4. レーザー脱毛は医療行為です。医師法17条により、医師の管理下にある医療機関にのみ許可されている治療です。医療用レーザーはエステや脱毛サロンで行われているレーザー類(光脱毛など)とは全く異なります。エステなどでの脱毛は毛根(毛の工場)を破壊しないので、除毛効果が弱く、再発の可能性があり、効果を高めるため出力を上げるのでやけどの可能性が高まります。 医療用レーザー脱毛は効果が高く、より安全なのが特徴です。

エステの脱毛との比較

厚生労働省は「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為は“医師法17条違反”である」との通達を出しました。

脱毛 は医療行為に含まれ、基本的にはエステサロンでの脱毛は違法行為として禁止されているのです。しかし、現在、厳しい 取り締まりはあまりないためエステでの脱毛はおこなわれております。しかし、エステでの脱毛治療で一旦やけどなどのト ラブルが起こり、訴訟問題となってしまった場合、医師法17条違反とのことで罰せられてしまいます。 そのため、エステの脱毛では絶対にトラブルが起こらないような非常に弱い出力でしか照射しておらず、医療レーザー脱毛と同様の脱毛効果を 得ることは難しいのです。脱毛によって肌トラブルが起こった場合でも、医療機関であれば適切かつ迅速なケアを受ける事ができ、大事に至らずにすみます。

皮膚科医による脱毛が最も安全な脱毛といえます。

医療レーザー脱毛について

にきびの治療

ニキビは肌の状態、炎症の有無、皮疹の性状により治療を選択し、組み合わせます。ニキビ跡を残さないこと、また再発予防を行うことが重要です。

a)ケミカルピーリング
ニキビの大きな原因として、毛穴の角質によるつまりがあります。これを、フルーツ酸などを外用することで、溶解して取り除き、皮脂の蓄積、代謝を正常化させる治療法です。赤いニキビ、白いニキビ、ニキビの予防すべてに効果があります。症状に応じて、2~4週間ごとに行います。
b)高浸透性ビタミンC誘導体
高浸透性ビタミンC誘導体は、通常のビタミンC (アスコルビン酸)と異なり、皮膚に大量に吸収される誘導体が成分です。
・ニキビに効果(皮脂分泌抑制、抗炎症作用、抗酸化作用)
・美白効果(メラニン色素の抑制)
・アンチエイジング効果(コラーゲン合成促進)

ケミカルピーリングについて

しみの治療

シミは、種類によって治療法が異なりますので、必ず皮膚科専門医の診察を受けて下さい。シミの診察、診断には健康保険が適応されますが、シミの治療には、保険適応になるものと保険適応外となるものがあります。

しみの治療について

オリジナル院内製剤

しみ、しわ、にきび、アンチエイジングに効果的。

エッセンスローション
(朝晩の化粧水として)
活性持続型、高浸透性のビタミンC誘導体と高品質ヒアルロン酸配合院内製剤イメージ
VCモイストジェル
(朝晩の保湿クリームとして)
保湿効果が高く、エッセンスローションと併用してビタミンCの効果を高めます。

スタッフ募集